AGA治療薬で薄毛改善【副作用も把握しよう】

AGAについて

男性が発症する脱毛症のことをAGAと呼びます。男性には「テストステロン」という男性ホルモンがありますが、この男性ホルモンが「5αリダクターゼ」というものと結合することにより「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変化することがあるのです。この男性ホルモンにより毛が通常よりも早く抜け落ちてしまいます。これがAGAの原因です。

AGAの治療法の違い

薬の服用

AGAを治療するうえで最も一般的な方法です。東京のクリニックでも薬を服用することによる治療が実施されているケースが多いです。AGA改善に期待できる効果を持つ薬は数種類あります。主にAGAの原因である男性ホルモンを抑制させる効果があります。なお、ケースによっては育毛剤も併用することがあるのも特徴です。

レーザー治療

低レベルのレーザーを頭皮に当てる治療法です。頭皮にレーザーを当てることによって血行を促進させます。そうすることで毛髪が育つために必要な栄養が十分に行き渡るようになります。

AGA治療薬で薄毛改善【副作用も把握しよう】

困る人

プロペシア

世界中に普及しているAGA治療薬です。この治療薬を服用すると性欲が減退するというケースが過去にありましたが、発症確率はごくまれですので、リスクはそれほど高くありません。万が一発症した場合はすぐに担当医師へ申告しましょう。なお、この治療薬を服用することにより期待できるものとして発毛効果が挙げられます。ミノキシジルと併用するケースも珍しくないようです。

ミノキシジル

元々は血圧を下げる目的として作られましたが、AGAの改善にも期待できることが分かり一気に普及しました。副作用として挙げられるのが頭皮がかゆくなることです。しかしながら、それほど深刻なものではないため安心してください。ミノキシジルを服用すると血圧が下がりますので、血行が良くなり発毛を促進させる効果に期待ができます。

アロビックス

頭皮に塗るタイプの治療薬です。副作用としてはどれも軽いものばかりで、かゆみや発汗などがあります。服用すると血液の流れが良くなり血行が促進されます。なお、この治療薬単体で処方されるケースは少なく、他の治療薬と併用されるケースがほとんどです。

ザガーロ

他の治療薬と比べて新しい治療薬です。副作用としては乳房障害や肝機能異常があります。もしこのような症状が出た場合はすぐに使用を中断してください。ただ、ザガーロにはデュタステリドという成分が含まれています。この成分はAGAの原因となる男性ホルモンが発生するのを抑制する効果があるのが大きな特徴です。

広告募集中